子どものトピックス TOPICS

「2024.7月感染症情報」

「2024.7月感染症情報」

ヘルパンギーナ・手足口病

ポイントは胃腸炎と同じ,脱水予防と感染予防

【どんな病気?】ウイルスが唾液,便,痰,破れた水疱などを介して口に入り,
ヒトの腸管で増殖し,発熱,咽頭痛,発疹,嘔吐,下痢,腹痛を起こす感染症
喉だけにブツブツがあればヘルパンギーナ
喉,手足にブツブツがあれば手足口病

【病原体】エンテロウイルス,コクサッキーウイルスなど

【疫学】保育園,幼稚園,小学校などで流行
7歳未満に多い(すべての年齢でも起こりうる)
流行は夏〜初秋.梅雨の時期に増えるとの報告もある

【感染経路】感染者の唾液,便,痰,皮膚の破れた水疱
ウイルスは便中に数ヶ月,唾液中は1ヶ月排出
無症状でもウイルスを排出.

【潜伏期(感染〜発症までの時期)】3〜5日(無症状だが感染性あり)

【症状】発熱(ヘルパンギーナの場合,40度以上の高熱になることあり,熱性けいれんを引き越すことがある),咽頭痛,手足の発疹(手足口病)手足以外にも出ることあり,嘔吐,下痢,腹痛.乳児では飲み食べ出来ない,機嫌が悪いなど

【診断】臨床診断
手足口病:喉と手足にブツブツがあるのは75%,残り15%はどちらか一方
ヘルパンギーナ:高熱と喉のブツブツ

※入院などの重症化例を除き,採血を行うことは少ない.

【経過】通常,1週間程度で自然とよくなる
手足口病:通常7〜10日
ヘルパンギーナ:発熱は2〜4日,喉のブツブツは3〜10日
それ以上続くこともある.

【治療】自然治癒のため症状に対する対症療法が基本
乳幼児の場合,喉の痛みが強い場合,水分とれずに点滴目的で入院になることも珍しくない

【予防】手洗い,オムツ交換時の手袋着用(ウイルスは数ヶ月便に排出)
患者の唾液,便で汚染された物の消毒